占い⁄無料 TOP > スポンサー広告 一覧 > スポンサーサイト

占い⁄無料 TOP > 2012年の運勢 一覧 > 厄年早見表 平成24年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄年早見表 平成24年と同じカテゴリの記事一覧

    厄年早見表 平成24年


    岡山県倉敷市にある「不洗観音寺」サイト。自分の生まれた年から、早見表で2012年(平成24年)が厄年かどうかが分かります。厄年は男性は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳です。前後1年間は「前厄」と「後厄」になります。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、病気やけがなどの注意が必要のようです。平成24年の大厄は男性が「昭和63、昭和46」、女性は「平成6、昭和55、昭和51」、男女が「昭和27」生まれになっています。



    平成24年の厄年早見表

    私は何の宗教にも属していないですが、厄年祈願や新車購入時の交通祈願の効果はあると信じています。というのは、19歳に厄年祈願をしなかったのですが、交通事故に合ってしまいました。あと、今乗っている車が3台目なのですが、交通祈願をしなかった車を父が駐車場にぶつけて廃車になっているんです。偶然かもしれませんが、やらないよりは、やったほうが安心感があるので、33歳の大厄が来た時はちゃんと前厄から祈願に行こうと思っています。それにしても、女性の数え年の33歳と37歳が厄なので、前厄、後厄を合わせると、30代はほぼ毎年祈願に行かなくてはいけないということになりますね。「女性の三十三歳は、育児疲れなどで体調を崩しやすいときでもあります。そういう意味からも厄除けを丁寧に行なう人が多いようです。」と書かれていましたが、確かに周りにこの歳で体調を崩された人が何人かいます。それだけ、育児って見えないところで体に負担がかかっているってことなんですよね。

    RSS FeedRSS Feed (RSS 1.0)

    まとめ

    FC2Ad

    無料ゲーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。